東京繁田園茶舗について
特別な1日も、何気ない1日も。

嬉しいときや楽しいときも、
どうしようもなく悲しいときも。

お茶はいつでも、私たちの日常とともにあります。

東京繁田園は、お客様の日常に寄り添う日本茶専門店として、
全国の生産者より仕入れた上質な日本茶を「良品適価」にてお届けします。

※原料・商品の卸販売も承っております。「お問い合わせ」より、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

〈当店のこだわり〉
1. お茶は畑まで、茶器は窯元まで
仕入れを問屋さん任せにせず、全国の産地に足を運び、生産者さんから直接茶葉を仕入れさせていただいています。
畑の状態まで確認して仕入れた高品質な日本茶を、作り手の想いと共にお届けします。
店主の「茶畑巡りの話」:https://note.com/handa_minoru/m/m336d0fcb1e80
2. 良い品を、適正価格で
「専門店で売っているお茶=高級品」というイメージがあるかもしれません。
でも、本物の品だからこそ、もっと多くの人に、日常的に日本茶を楽しんでもらいたい。
そのため、広告やパッケージにかける費用を極力抑え、リーズナブルなお値段でお届けすることにこだわっています。

3. 日本茶を、もっと身近に、もっと楽しく
特に若い世代の方にとっては、急須で淹れるお茶にはあまり馴染みがないかもしれません。
でも日本茶は、難しく見えて“意外に簡単”。地味に見えて意外に“個性豊か。そして楽しい!
日本茶の魅力を幅広い世代の方に知っていただくために、さまざまな情報発信に取り組んでいます。
わからないことがありましたら、ぜひお気軽にチャットにてご質問ください。

〈繁田園のあゆみ〉
東京繁田園は、狭山・繁田園の東京支店として創業し、今年で創業75年になりました。

1812年 繁田家十代当主・繁田武平衛満該が、武州・狭山に茶園を開く
1875年 繁田家十二代当主・繁田満義が、日本初の茶の直輸出会社「狭山会社」を設立
1893年 シカゴ万博に出展
1900年 パリ万博に出展、大賞牌(グランプリ)を受賞
1928年 繁田百鑒斎、赤坂離宮御苑内にある茶園の管理を任され、煎茶「鳳苑」を謹製
1932年 来日中の喜劇王・チャップリンを招いて茶会を開く
1935年 繁田百鑒斎、長崎県の雲仙に渡り雲仙焼を創始
1947年 初代・繁田弘蔵、東京繁田園茶舗(繁田園東京支店)を創業、阿佐ヶ谷本店開業
1949年 荻窪店開業
1973年 全国茶品評会 最多落札賞受賞
1973年 2代目・繁田豊、全国茶審査技術競技会 準優勝
2021年 オンラインショップオープン

【阿佐ヶ谷本店】
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-14-16
丸ノ内線「南阿佐ケ谷」駅 徒歩3分、JR「阿佐ヶ谷」駅南口 徒歩8分
営業時間:10:00~18:00 定休日:日曜日
TEL:03-3314-4187 FAX:03-3314-4188

【荻窪店】
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-28-7
丸ノ内線・JR「荻窪」駅南口 徒歩1分
営業時間:10:00~18:00 定休日:水曜日
TEL:03-3392-0607